RIUMで生き物の飼育をスマートに


飼育データ管理・共有サービス「RIUM」を利用すれば、熱帯魚・両生類・爬虫類などの生き物を、アクアリウム・テラリウムなどの環境で飼育する際の飼育データをかんたんに管理し、みんなで共有することができます。大切な生き物をより上手に飼うために、今すぐRIUMに登録して最先端の生き物飼育を体験しましょう!
ユーザー登録 ログイン
飼育データ管理・共有サービス - RIUM

生き物と飼育環境をスマートに管理しよう

RIUMは、アクアリウムやテラリウムなどの生き物を飼うための環境と、そこで飼育される生き物のデータを一元管理すること、そして役立つ情報を広く共有することを目的としたサービスです。例えば、RIUMではこんなことができます。

飼育生体管理
飼育生体管理

RIUMを利用すれば飼育している生体の種類・性別・年齢・CB/WCの区分などの情報を一元管理できます。また、体長・体重などの記録をつければグラフにして可視化することも可能です。

飼育生体一覧
飼育環境管理
飼育環境管理

RIUMではアクアリウムやテラリウムといった生き物の飼育環境も管理できます。メモや画像で飼育記録をつけて後で見返せるようにしたり、水温・気温・湿度などを記録することもできます。

飼育環境一覧
飼育用品管理
飼育用品管理

飼育環境を構成する水槽やライト、飼育生体に与えているエサや栄養剤など、生き物を飼うのにどんな道具を使用しているのかも記録することができます。お気に入りの飼育用品はみんなに教えてあげましょう。

飼育用品一覧

豊富な生物分類・飼育用品データベース

RIUMで飼育生体や飼育環境を管理する際は、飼育生体の種類や使用している飼育用品をデータベースから選択して登録できます。生物の分類は128,000種類以上、飼育用品は16,000種類以上が登録されており、膨大なデータベースが飼育生体や飼育環境の管理を支援します。

0

生物分類

0

飼育用品


飼育データを共有する意義

飼育データを共有する意義

今、世界中で野生生物の減少や生態系の破壊が問題となっています。これは生き物がかわいそうというだけの単純な問題ではなく、「野生生物」や「生態系」という人間にとっての重要な資源の減少として世界的に認知されています。

そしてこの野生生物の減少には、私たちのような生き物好きが世界中の生き物を捕まえて飼育していることが少なからず影響を与えています。このままでは、生き物の飼育という趣味は人類にとっての資源の浪費とみなされ、野生生物の捕獲や飼育に対する規制が厳しくなり、飼育を楽しめなくなる日が来るのも時間の問題です。

私たちは本来、生き物が好きで飼育しているはずです。生き物を消費するのではなく、生き物と適切な関係を築きこの趣味を持続可能なものにするために、まずは生き物を捕まえてはすぐ死なせ、また新しい生き物を手に入れる、という消費的な飼育からの脱却が必要です。そして消費的な飼育からの脱却には、飼育データの蓄積と共有により失敗を減らすことが絶対に欠かせません。

RIUMは、生き物好きのみなさんに生体をスマートに管理する方法を提供するとともに、飼育データを蓄積するオープンなプラットフォームとなることで、消費的な飼育から脱却するための足がかりになることを目指しています。


自動記録装置「MonitoRIUM」(開発中)

飼育データの蓄積が大切だとわかっていても、こまめに気温、湿度や水温を計測して記録するのは面倒です。専用IoTデバイス「MonitoRIUM」を使えば、そんな面倒な作業をすべて自動化してくれます。計測データは連携したRIUMアカウントに自動でアップロードされます。

自動記録装置「MonitoRIUM」(開発中)
多種多様なセンサデータを取得可能

MonitoRIUMでは、アクアリウムで基本となる「水温」「pH」や、テラリウムで基本となる「気温」「湿度」を自動計測できます。さらに詳細なデータを取得したい場合は、「導電率(EC)」や「TDS」も計測することが可能です。

データ計測は完全自動

MonitoRIUMを使えば、いちいち手作業でデータを計測する必要はありません。最初にRIUMのユーザーアカウントにMonitoRIUMを紐付ける設定さえすれば、あとはセンサーを水槽にセットして電源を入れておくだけで、決まった時間にデータを計測しRIUMへ自動アップロードしてくれます。

鋭意開発中!

MonitoRIUMは現在開発中であり、一般ユーザーの皆さんに自由に手にとってもらえるようになるにはもう少し時間がかかります。現在は、試行錯誤しながら完成度をアップしている最中です。完成までもう少しおまちください!


RIUMのはじめかた

RIUMのはじめかたはとってもかんたんです。以下の流れでRIUMを使ったスマートな飼育をはじめましょう。

RIUMをはじめる

STEP 1

上のボタンからユーザー登録します。

STEP 2

飼育している生き物や飼育環境の情報を登録します。

STEP 3

日々の世話をしつつ、その内容や水温などのデータを記録します。

STEP 4

可視化されたデータから飼育方法の見直しをしたり、ほかの人の飼育方法を参考にしたりしましょう。


RIUMの使いかた

RIUMの詳しい使いかたは以下の動画を参考にしてください。


飼育生体

RIUMにはさまざまな種類の生き物が登録されています。興味のある生き物の飼育情報を確認してみましょう。

デルタペア

デルタペア


Fundulopanchax sjoestedti ニジェールデルタ


わわわのアイコン
わわわ

飼育生体数:1

シカク

シカク


ニホンイシガメ(Mauremys japonica)


K-kiのアイコン
K-ki

飼育生体数:4


飼育環境

RIUMには生き物だけでなくその飼育環境も登録されています。使用している飼育用品やレイアウトを確認して、飼育環境作りの参考にしましょう。

60cmワイド オーバーフロー アクアテラリウム水槽

60cmワイド オーバーフロー アクアテラリウム水槽


アクアテラリウム爬虫綱条鰭綱軟甲綱


K-kiのアイコン
K-ki

飼育ケージ数:2

45×45×45 アカハライモリ

45×45×45 アカハライモリ


アクアテラリウム両生綱


アクル AQURUのアイコン
アクル AQURU

飼育ケージ数:2

60×45×45 オキナワシリケンイモリ

60×45×45 オキナワシリケンイモリ


アクアテラリウム両生綱


アクル AQURUのアイコン
アクル AQURU

飼育ケージ数:2


飼育用品

RIUMでは、さまざまなメーカーが販売している、アクアリウム・爬虫類・両生類飼育用の飼育用品情報も紹介しています。Amazon、楽天、Yahoo、Charmなど多数の通販サイトの中から、最安で販売しているサイトを簡単に見つけることもできます。

コトブキ工芸 kotobuki トリプル M ブラック(フタ付き)(360×220×262mm) 36cm水槽

コトブキ工芸 kotobuki トリプル M ブラック(フタ付き)(360×220×262mm) 36cm水槽


コトブキ工芸(KOTOBUKI)


9件の飼育環境または生体で使用されています。

水作 マグテンプ Lサイズ

水作 マグテンプ Lサイズ


水作


3件の飼育環境または生体で使用されています。

田砂 10kg

田砂 10kg


2件の飼育環境または生体で使用されています。


開発者プロフィール

RIUM開発者 K-ki

K-ki

エンジニア

RIUMの企画・開発・広報まで、何でもやっている個人開発者。ウェブから組み込みまで幅広く手掛けるエンジニアです。ウェブサイト「AquaTurtlium」の管理人もやっています。